パソコンの熱対策なら 熱対策.com

信越化学工業製オイルコンパウンド(G-751)

(特徴)
熱伝導率4.5W/m・Kの信越化学工業製サーマルグリス。発熱体(CPU等)と放熱体(ヒートシンク等)の間に塗布し、使用します。電子部品、産業機器等で信頼性のある信越化学工業製品です。パワートランジスタ、CPU、GPU等高発熱体に適しております。手を汚さずにグリスを塗る塗布用ヘラが付属しております。グリース状なので薄膜塗工が可能です。
●耐熱性・耐寒性に優れ、過酷な環境下でも長期に渡り性能を発揮、維持します。
●耐水性、はっ水性に優れます。
●腐食性はありません。
※CPUクーラー、ビデオチップクーラー等の冷却性能を高める為の熱伝導グリスです。
※CPU、ビデオチップとヒートシンクの間に塗布して使用します。

熱伝導率:4.5W/m・K。粘度:25℃ 420Pa・s。使用温度範囲:-50℃〜+120℃。比重:25℃ 2.51。絶縁破壊の強さ:0.25mm kV 測定限界以下。低分子シリコーン含有率:ΣD3〜D10 100ppm以下。容量:1.5g入り。グリス塗布用ヘラ付。
販売価格 700円(税52円)
型番 WW-G-751

カテゴリーから探す

コンテンツ